会計経営
おもしろくする

山中税理士事務所は、税金の申告や決算を行う
だけでなく、
会計を経営に生かし、
経営者の目標や意思決定を会計面から支援します。

会計資料を作るだけじゃない
その先の経営に活かすサービスを

会計を経営に活かすとどうなるの?

メリットはたくさんありますが
シンプルに2つにまとめると

経営に会計の視点が加わることにより将来の行動が変わり、
売上や利益にプラスの影響が出る

経営

会計

赤字や資金繰り悪化といった経営危機を
早期に発見できることにより対策を打つことができ、
危機を回避できる可能性が高くなる

会計

経営

なぜこのようなメリットが生まれるのかは
是非このページをご覧ください

代表税理士 山中 恭平

経営と会計は切っても切れない関係にあります。
経営を続けるには利益が必要であり、利益を把握するには会計が必要だからです。
にもかかわらず、会計を経営に活かせている中小企業は非常に少ないと感じてい ます。

会計を経営に活かすことのできる中小企業を増やしていきたい。
どんなに小さい会社でも経営に会計は必要です。
皆様のこだわりの商品やサービスを維持し、よりよいものにしていっていただくために、経営に会計という武器をプラスできるサービスをご提供しております。

お客様事例

経営計画を作成して運用することで4期連続売上目標達成

採用に悩んでいたが当事務所との会話をヒントに立てた計画実行で応募が増加

しっかり納税をし、現預金を貯めておくことで一時的な経営難も目先の資金繰りに悩まされることなく、打開策を考えることに専念できた

250件の会計ソフトへの入力が何もせず一瞬で入力完了

お客様事例

当事務所では、次の3つの支援サービスで中小企業の経営をサポートします。
3つの支援サービスは、全てが「会計を経営に活かす」という視点でリンクしています。

経営計画の作成と運用支援

経営計画書や事業計画書は
作成していますか?
それが「会計学」によって作られ、
しっかり運用していますか?

先を見た経営計画がなく、目先の仕事に追われ成長せず世の中の流れから取り残されている

経営計画を作っただけで運用されておらず、目標を実現するために何をすればよいのかわからない

経営計画が会計学によって作られておらず、赤字の計画を実行している

試算表を渡されるだけ、読み上げられるだけで会計を経営につなげる話をされない

今は問題なく経営ができているため、経営計画なんて必要ないと考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は経営計画を作り運用をしていない(先を見据えた正しい行動ができていない)こと自体が問題であることに気がつきましょう。大企業は当たり前に作成運用を行っています。作成し運用しているところとの差はどんどん広がっていきます。

目標を設定することで目標を目指して動く(仮説→行動→検証→再仮説を回す)ことができます。会計に落とし込むことでその目標で問題がないか(利益が出てお金が回って続けていくことができるのか)がわかります。

経営者の頭の中にある将来のイメ
ージを、
会計を軸にした経営計画
に落とし込みます。

そのイメージは利益が出るものなのか、資金繰りに問題はないか、会計面から判断でき、問題があれば問題がないようにイメージを修正することができる

仮説根拠のある計画を立て将来の状況がイメージできるようになることで、逆算して今何をすればよいのかが見えてくる。具体的な行動計画を考えることができる

目標とする計画があることで目標を実現する流れが生まれる

先を見据えた経営を行うことができる

経営計画の実現にはスタッフの協力が必要。具体化した計画をスタッフと共有できれば会社全体で目標実現に向けて一丸となることができる

融資を受ける際に銀行を納得させやすくなる

会社の将来を具体的にイメージできるようになり、将来への漠然とした不安や、お金の不安から解消される

会計面の意思決定材料、具体的な行動計画まで落とし込み運用できる計画をご提供します。

経営計画作成の会話イメージ

社長、5年後の会社がどのようになっていてほしいか想像できていますか?

5年後にはこんなこだわりの商品を提供して売上5,000万円、スタッフ5人ぐらいの規模の会社にしたいなぁ。

しっかり想像できていますね!
経費はどのぐらい掛かりそうですか?

初期投資、原価、人件費はこれぐらい掛かりそうかな。
利益は出ると思うけどどうかな?

社長の想像の他にも必須の経費がこのぐらいは掛かりそうですね。
この経費の掛かり方、売上規模ですと計画上赤字になってしまいますので商品の単価を見直したほうが良いかもしれません。

作成した経営計画と経営実績を
基に
毎月戦略会議を行います。

経営について経営と会計の両面から真剣に考える時間を作ることができる

会計上の実績に問題がないか、現実的な将来予測から会計面を考えたときに問題がないか、実績と計画の会計上の差の要因は何なのかを考え、会計面から早期に課題を抽出し行動へつなげることができる

立てた計画を行動に起こして初めて変化が生まれる。行うべきことの実行確認、実行した結果の確認、実行結果に問題があれば軌道修正するための再検討を行うことができる

意思決定を考えるときに会計の視点、数字の視点を加えることができる

経営のお悩み事の相談窓口ができる

仮説→実行→検証→再仮説をひたすら回し、計画を実現する流れを作ります。

その他、経営にとって重要な資金繰りや融資のご相談、銀行への橋渡しも行います。

経営はなにが起こるかわかりません。皆様のこだわりの商品やサービスをより多くの人に届け続けるために、常に先を見て経営と会計の両面から意思決定をしていきましょう。

税務支援

会社に余裕のある現預金残高はあ
りますか?
突然の経営環境の変化に耐えられ
る現預金残高はありますか?

税金を払いたくないから、費用対効果の薄い経費に使ってしまった

よくわからないけど節税になるからと勧められたものに契約してしまった

経営に使えるお金は利益を出し、納税をしないと増えていきません。税金を減らすには減る税金よりも多い支出が伴う場合が多いのです。お金があれば会社は潰れませんし、経営の選択肢も増えます。

経営を第一に考え、経営に自由に使えるお金を増やす視点を重視した税務アドバイスを行います。

資金に余裕があれば、自己資金でできることが増え経営にスピードが生まれる

融資を受けられる額も増え、経営の幅が広がる

突然の経営環境の変化にも耐えることができ、目先の資金繰りでなく、先を見た経営行動が可能

お金に悩まされることがなくなる

決算の予測、納税の予測、今期の税金対策、来期の税金対策を考えます。

見込の納税額を事前に知ることができれば、資金の準備が可能

税金対策の打ち合わせをしっかり行ってもらえる

経営の今と将来、経営者個人の今と将来を考え、バランスの取れた税務アドバイスを行います。

気がついたら老後の生活資金もしっかり確保されていた

もちろん税金に関するご相談や決算・確定申告書の作成、年末調整などの税務関係手続の 代行も行っております。
税金関係についての不安を解消します。

税金に圧倒されて、本来経営にとって大切な「利益を出す」という視点を忘れてはいけません。利益を出し、しっかり納税を行って資金を蓄えている会社は強いです。そのような経営を目指しましょう。

経理支援

毎月の正しい利益は把握できてい
ますか?
無駄が多く効率の悪い経理業務を
行っていませんか?

利益が出ていると思っていたら、決算が終わったら急に赤字の報告を受けた

赤字だと思っていたら、大きな利益が出ていて予想以上の納税額になっていた

通帳の残高が増えているから利益が出ていると思っている

手書きの伝票、会計ソフトへの入力作業がいまだに多い

税金を計算するためであれば、年間の正しい利益が計算できていれば問題ありません。そのため、決算の時にしか行わない会計処理などのせいで急に赤字に転落する可能性があるのです。会計事務所の作り方次第では、毎月報告を受けている利益はその月の正しい利益ではない可能性もあります。

通帳の増減と利益の計算は全然違うものです。通帳の残高が増えているから安心してはいけません。安心していいのは会計学に基づいて計算された利益(黒字)が出ているときです。

実績として毎月の正しい利益の把握ができていなければ、現状の経営に問題があるのか、ないのかわかりません。下手すると意思決定を誤ってしまう可能性もあります。

経理業務の効率化も重要です。経理業務を効率化し、空いた時間で経営に役立つ資料が作成できれば、より会計を経営に活かすことへつながります。

毎月手間をかけ、決算の時にこちらで行う作業を毎月行うことにより意思決定材料として正しい、毎月の正しい利益をご提供します。

黒字なのか赤字なのか正しい利益が毎月わかる

意思決定を誤らない会計資料の提供を受けられる

過去の数字から最低限毎月必要な売上高の目安など、経営の参考になる情報がわかる

グラフなどを使用した見やすい当事務所オリジナルの資料を受け取れる

最新のクラウド会計ソフトなどを使用して経理業務の効率化を行い、経理の方が経営に役立つ資料作りなどを行える時間的余裕を作ります。

経理の方の業務が効率化され、売上分析資料や工事台帳の作成など経営にとって役に立つ資料作りを行うことができるようになる

経理の方がいない場合は、
会計ソフトへの入力作業を代行します。

気がついたら老後の生活資金もしっかり確保されていた

会計を経営に活かすには、毎月の正しい利益の把握が大前提です。毎月の正しい利益を把握して正しい意思決定をしましょう。経理業務を効率化して会計を経営に活かすために一歩進んだ業務を行うための余裕を作りましょう。

経営に大切なスピードを
ご提供
するための工夫をしております

普段のやり取りは、チャットツールもしくは担当者に直接つながる電話の2つの方法を採用しております。
スマートフォンからお気軽にスピーディーにご相談が可能です。

極力繁忙期は作らず、年間通してスピーディーにお客様にご対応ができるように職員の負担を調整しております。

極力専門用語は使わず、お客様目線を意識しながらご対応できるように努めております。

お客様からの経営のお悩み事は当事務所のサービスで解消が難しい場合、その分野の専門の方をご紹介させていただきます。
経営のお悩み事のご相談窓口としてもご利用ください。

社会保険などの労務手続きは、毎月の顧問料のない提携社労士をご紹介させていただくことが可能です。
インターネットからの依頼が可能で、ご提案しております給与計算ソフトの情報をクラウド上で共有し、依頼時の事務
負担ができるだけ少なくなるように工夫しております。

お客様1社1社に対してしっかりと時間を使わせていただくため、多くの件数を受注することができません。
ご検討される場合はお早めにご相談ください。

当事務所は経営革新等支援機関

認定を受けています

経営革新等支援機関とは、中小企業・小規模事業者が安心して経営相談などを受けられるために、専門知識や、実務経験が一定レベル以上の者に対し、国が認定する公的な支援機関です。

経営革新等支援機関の関与が必要な優遇税制や金利優遇などの制度がございます。

パートナー企業

freee株式会社

株式会社MAP経営

スポット社労士くん

お見積もりは無料です。
お気軽にお問い合わせください。

具体的にどのような形でサポートをしてもらえるのか、サービス内容についてもう少し詳しく知りたい。

開業を検討しているけど、創業融資や、税金など誰に相談したら良いのかわからない。

いくらぐらいかかるのか見積もりをしてほしい。

具体的にどのような形でサービスをご提供しているのかなど
対面で詳しくご説明させていただきます。
開業予定の方や開業してまもない方もお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

問い合わせる前に
もう少し詳しく知りたい方は
次の各ページをご覧ください

スタッフ募集

一緒に「会計で経営をおもしろくする」というミッションを実現しませんか?
現在事業拡大のため1名募集中です。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

コラム

経営に活かせる会計、税務に関する内容を
中心にコラムを書いております。

コラム一覧を見る

新着情報

新着情報一覧を見る

お見積りなどお気軽に
お問い合わせください。

お問い合わせはこちら

現在事業拡大のため
スタッフ1名募集中です。

採用情報はこちら

お問い合わせはこちら 採用情報はこちら