経理支援 ITを活用し経理業務の効率化
スピーディーで正しい業績の把握を実現します

月ベースで正しい利益の把握ができていますか?

「利益が出ていると思っていたけど、決算が終わったら赤字だった」「今期はそこまで利益はないだろうと思っていたが、決算が終わったら大きな利益が出ていて予想以上の納税額になっていた」こんな経験はございませんか?

税金を計算する上では、決算時に正しい利益にするための処理を行えば問題ありません。

しかし、それでは月ベースの正しい利益が把握できず、意思決定も誤ってしまいます。

正しい利益を計算するためには現預金の動きだけ押さえればよいのではなく、会計学の知識が必要です。

私たちは月ベースの正しい利益を把握できるようにするため、会計学を利用し、毎月手間をかけた数字の作り方をしております。

将来の数字だけでなく過去の数字も経営に活かせるようなオリジナル資料をご提供しております。

オリジナル資料からは、現在の利益でどのぐらいお金が増えるのか、資金繰り上必要な最低限の売上高の目安などがわかります。

見やすいオリジナル資料

会計ソフトへの入力作業について

社内に経理の方がいらっしゃる場合

最先端のクラウド会計ソフトを利用することで、銀行インターネットバンキングとの連携、クレジットカード明細との連携、入力業務のAI学習機能による部分的自動化を行い、会計ソフトへの入力作業を最小限まで効率化します。

浮いた時間を利用し、売上の商品別の分析資料、現場ごとの工事台帳の作成など戦略を考える上で役に立つ資料の作成などに時間を割くことが可能になります。

会計ソフトへの入力方法はマニュアル化しており、経営者の奥様など会計や簿記の知識がなくても入力が可能な仕組みを構築しております。また、毎月のチェック作業中に経理の方のPCをお借りすることもございません。

導入時のご説明はしっかりと時間をかけて行わせていただきます。

入力作業がスピーディーになることにより、業績把握のタイミングも早くなり、より早い意思決定が可能になります。

さまざまな情報と連携、入力情報を学習し、入力の2度手間を減らします
社内に経理の方がいらっしゃらない場合

経営者が経営にできるだけ専念できるように、取引を会計ソフトに入力する作業はこちらで代行させていただきます。

必要な資料のお預かりは、できるだけ迷わず、手間をかけないように整理できるようなファイルをお渡ししております。

入れるところがわかりやすいファイル
photo

会計ソフトへの入力作業以外について

導入させていただく会計ソフトをフルに活用することにより、請求書発行、入金管理、支払請求書の入力からの振込連携が可能となり、会計ソフトを軸にバックオフィス業務の一元効率化が可能となります。

ご提案しております給与計算ソフトをフル活用することにより給与計算作業の自動化も可能となります。給与計算ソフトは提携社労士ともつながっているため、労務手続きのご依頼もスムーズに行うことが可能です。

管理業務として最低限必要な部分はしっかりと指導させていただきますが、経理業務が効率的になるようにご支援させていただきます。

会計ソフトへの入力作業について 会計ソフトへの入力作業について

会計学はよく分からないけど、毎月の正しい利益は知りたいな
ITで経理業務を効率的にしてくれるんだね