経営管理支援 オンライン全国対応ver.

税理士変更の必要のない商品になります

大企業には経営者のほかに
会計のプロが当たり前にいます

中小企業・零細企業にも必要な
その役割を私たちが担います

経営管理とは、経営全体について
多方面から真剣に考える、
まさに経営者のお仕事です
創業者はもちろん後継者の
育成にも活用できます

会計を経営に活かすことのできる
中小零細企業を増やしたい

私たちの考え

代表税理士 山中 恭平

大企業には経営者(CEO)のほかに会計のプロ(CFO)が社内におり、先や周りを見た経営管理を当たり前に行っています。

中小企業・零細企業には会計のプロが社内にいない場合が多く、経営管理はおろか会計を経営に活かすことすらできていない企業が多いと感じています。

私たちは、一般的な会計事務所・税理士事務所の業務を行うだけでなく、より強く魅力的な中小企業・零細企業を一社でも多く増やしたいという想いから、会計のプロの役割を私たちが担い、中小企業・零細企業にも先や周りを見た経営をより安全に行うことができる経営管理を広めたいと考えています。

会計資料はもらうけど具体的にどう活かしたらいいかわからない…。

会計資料の説明はされるけど深く活かせているのかは疑問…。

経営の悩みを相談したいけど、相談相手がいない…。

経営計画作ってみたはいいけど作っただけで運用できていない…。

税理士事務所、会計事務所の現状

作るだけ、ただの報告だけではもったいない!
会計をフル活用して経営に活かそう!

会計資料の作成や税金の申告書作成に追われてそれを活かす部分まで手が回らない…。

活かす部分のノウハウがないため過去の会計数字の実績報告だけになってしまっている…。

そもそも活かす部分のノウハウがないので、活かす部分の商品自体がない…。

もちろん活かす部分もしっかり関わってくれる事務所もありますし、経営をする上で税金関係の書類作成も大切なことですが、なかなかその先のサービスにまで手が回らない事務所が多いのが現状のように思います。

そのような現状では、会計のプロが社内にいない中小企業、零細企業が会計を経営に活かすことができません。そこで、私たちが普段お客様にご提供している、会計を経営に活かして先や周りを見た経営を行うことができる経営管理支援を、オンラインで全国に広くご提供することにしました。

今ご依頼されている税理士の
変更の必要はありません。

作る部分ではなく、活かす部分の
商品を私たちが追加する形で
ご提供しております。

会計を 活かす 部分 ※先や周りを見た経営管理を含む 今ご契約の税理士から提供されているもの 今ご契約の税理士から提供されているもの この商品は不要です 活かす部分であるこの商品を追加購入するかご検討ください この商品の提供範囲 会計を 作る 部分
会計を 作る 部分 会計を 活かす 部分 ※先や周りを見た経営管理を含む 今ご契約の税理士から提供されているもの 今ご契約の税理士から 提供されているもの この商品は不要です 活かす部分であるこの商品を追加購入するかご検討ください この商品の提供範囲

会計を経営に活かすっていうけど、
そもそも経営にとって会計って必要なの?

先月の会社の業績が赤字だったらどうしますか?

赤字と知ることができれば、どうすれば黒字にできるか考えますよね。

こういう会社にしたいという目標が赤字の目標だったらどうしますか?

目標を見直しますよね。

経営である以上どんなにいい商品でも利益が出なければその商品を提供し続けることはできません。

では、赤字か黒字かどうすれば知ることができるのでしょうか?

赤字か黒字かは「会計学」という技術を使わないとわかりません。

経営を安全に行うためにも「会計」が必要で会計面からも常に考えることが必要です。

会計をどうやって経営に活かすの?

会計をとことん経営に活かしていくために過去の会計資料から会計面のアドバイスを行うだけでなく、大企業が当たり前に導入している「経営管理」というものをご提供しています。

経営管理を導入することで過去の会計実績からだけでなく、将来の目的地やそこに向かうための計画、現実的な近い将来の予測、経営管理で生まれた意思決定などに対しても会計面からのアドバイスを行うことができます。

具体的には会計を使って、

  • 会計面から経営課題を発掘し、解決に向かうための流れを生みだす
  • 過去の会計数字や現実的な将来の予測イメージから会計面(利益や資金繰り)の問題点を早期に発見し、回避するためのアドバイスを行う
  • 経営者が将来イメージしている目的地が会計上問題がないか判断し、問題があればイメージの補正を行う
  • 経営管理によって生まれた意思決定に対して会計面からの視点をご提供し、より安全に意思決定を行うことができるようにする
  • 最低限必要な売上がいくらぐらいなのかなどの安全に経営をする上で参考になる情報をご提供する

など、経営をより安全に行うために会計を活かしていきます。

経営管理って何?必要なの?

経営全体について真剣に考える機会はありますか?

目先の仕事に追われて経営全体について考える機会がないと、気が付いたら世の中の流れから取り残されてしまったり、社内がうまく回っていなかったりするかもしれません。

経営管理は、一言でまとめると「経営全体をよい方向に進めるために考えて決める機会」です。

まさに現場ではなく経営者の仕事といったところでしょうか。

経営管理のイメージ

世の中は目まぐるしく変化しており、魅力のある商品やサービスであふれ、お店を出すだけで儲かる時代は終わりました。

インターネットが普及し、ネットでも買える本をただ売るだけの町の本屋さんが消えたのが一つの例です。

インターネットに負けない本屋になるために目標目的地を設定し、目的地に向かう計画を立て、実行し、試行錯誤しながら実現させた本屋さんは生き残っています。

世の中の変化も踏まえ、常に先や周りを見て今やるべきことを先手で考える経営が必要な時代になっています。

経営管理を行うことで先や周りを見て目標目的地を設定し、計画を立て、実行し、試行錯誤しながら実現する流れや、経営全体をよい方向に進めるために真剣に考え、課題を出し、解決するために意思決定をする流れが生まれます。

そこに私たちの会計視点が加わることにより、経営をより安全に進めることができます。

具体的になにをしてくれるの?

経営管理支援

この商品の大きな目的

  • 経営管理を導入し、経営について常に先や周りを見ながら考え、課題を出し、解決するために意思決定をするきっかけの場をご提供することで、経営全体をよい方向に進めるための流れを生みだします。
  • 経営を続けるためには利益と安定した資金繰りが必要なので、私たちが経営に会計視点を加えることで、より安全に経営をよい方向に進めることができるようにします。

経営管理のイメージ

現状把握

売上高や従業員数、設備投資など会計との結びつきの強い外枠と業務マニュアルがあるかなど会計との結びつきの弱い内部について、経営全体を俯瞰し現在地を把握します。

中期経営目標設定

売上高や従業員数、設備投資などイメージしやすく会計との結びつきの強い外枠について5年後の目的地を設定します。

単年度経営計画作成

5年後の目的地に向かうために、1年間具体的にイメージしやすい外枠についてどこを目指し具体的に何を行うのか、会計との結びつきの弱い内部の弱い部分をよくしていくために具体的に何を行うのか計画を立てます。

戦略会議

目的地に向かうために計画を運用していきます。毎月2時間会議を行い行動結果について計画との差を認識し、計画に近づけるために軌道修正を行います。会計面からの課題発掘や会計上の問題の早期発見などを行い、より安全に経営を進めていきます。

経営管理支援オンライン全国対応ver.では、
計画作成や会議をZoomで行います

オンライン完結なので
どこでも商品提供を受けられ、
移動がないので効率的な点もメリットです。

会計資料は会計データをお預かりすることで、
こちらの統一様式にコメントを加えご提供します。
戦略会議時にも活用します。

資金繰りを考え決算前に納税額の予測や、
決算後に銀行からどう見られるのかの
決算評価も行っております。

戦略会議時以外に会計視点の
簡易的なご相談も可能です。

経営管理支援のご提供イメージや メリットはこちら 会話形式でイメージできます

料金

自社導入が難しい経営管理を
この金額で設置できます
戦略会議 月額60,000円~(税別)
中期経営目標設定 作成時 100,000円~(税別)
単年度経営計画作成 作成時 100,000円~(税別)

※部門数などにより金額が変動する場合があります。

お見積りは無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

商品のご購入は、お問い合わせいただき、詳しいご説明やお見積りをさせていただいて
ご納得いただいた上でご契約となります。

その他ご不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。
様々な事業の方とご縁が持てることを楽しみにしております。

お問い合わせはこちら

お見積りなどお気軽に
お問い合わせください。

お問い合わせはこちら

現在事業拡大のため
スタッフ募集中です。

採用情報はこちら